題名                 お面 ひょとこ
トップページ 屋形船とは 船の選び方 屋形船の魅力 屋形船の料理

屋形船

屋形船と言うのは、屋根の付いた船です。
主に、船の中で食事をしたり、宴会をしたり、景色を楽しむ為に使われています。
大まかな特徴として、家のような屋根が付いていて、室内は座敷となっています。
楽しく騒ぐのが大好きな方は会社設立を目指して屋形船の一番人気を目指してみてはいかが?

 

歴史

屋形船は、平安時代からあったと言われています。その当時は、貴族が遊ぶ為に使われていました。それが江戸時代の中期頃になると、お金持ちの人たちの遊びの道具としてつかわれるようになってきました。またこの時代から船がだんだんと派手になってきたのです。ですが、幕府は派手すぎる船はダメだと言いました。江戸時代の後半になってくると、小さな船に屋根を付けただけの屋形船も出てきました。
屋形船の中には、回りが障子になっているのもあります。これは武士などが主に使っていたらしいですよ。
徳川の1人がやはり派手な船がいいだろうと言ったかは分からないけれど、すごい派手で、豪華な遊ぶ為だけの船を造りました。すごい豪華で、派手だったと言われています。

しかし、あまりにも、大きくて、豪華で派手な船はなんたらとか言われて、制限をされてしまうのです。
江戸時代に屋形船が流行った理由としては、河や堀で行う水上の交通手段があったからなのです。

今で言う歌舞伎町、昔で言えば吉原に遊びに行く時に、豪華な屋形船に乗って、言ったらしいのです。
今で言えば、外車に乗って、遊びにいくような物です。

このような遊びが大正時代まで続いていました。
みんな遊ぶのが大好きだったようです。もちろん、庶民の人たちもこのような遊びをしていましたよ。
そうしていくうちに屋形船を利用する人が増えてきて、100人乗り用の屋形船まで誕生してきたのです。

ですが、1682年に大きい船はダメ〜と言う法令が出来てしまって、だんだんと衰退していきました。
さらに、戦争で負けて余計に勢いが無くなってきてしまったのです。
そして、昭和にバブル景気のおかげで、また少しずつ勢いが戻ってきていたのですが、現在では、また少し落ち込んできています。

 

昔から屋形船の船頭をしている人の話

この話をしてくれた人は、昔から屋形船の船頭をしている家系で、徳川の8代将軍徳川なんとかと言う人がいる頃からやっているみたいです。この人が8代目と言う事になるそうな。昔からしている所では、14代ぐらいの所もあるみたいです。
昔の河はとてもキレイで、魚を釣って、その場でお客さんに出したりしていたみたいです。
また、昔の屋形船は、偉い人が、寝泊まりをする所で、ちょっとしたビジネスホテルみたいな感じだったのかもしれません。
さらに、戦後ちょっとしてから屋形船は活気を取り戻してきたようです。
やはり、船も痛んでくるので、買換をしないといけなくなるそうで、入らなくなった船は、海外へ輸出をしているみたいです。
まぁ、不景気ですからお金の為の輸出と言うことなんですがね。

最後に一言と言うと、

屋形船はもっと身近な存在で、だれでも楽しむ事ができるから来てねって言っています。

Favorite

プロテインの激安通販

最終更新日:2017/6/23

 

 

上へ